×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

性器クラミジア感染症は、自宅検査キットで正確に調べる事も可能です。
不妊や合併症、HIV感染などを防ぐために、定期的に検査をおこなうようにしましょう。

性器クラミジア感染症は、国内において感染例が最も多い性感染症だと言われています。
また、感染しても無症状の場合が多いため、医療機関での検査を受けていない人も多く、保菌者がさらなる感染を広げているケースも多いと言われています。


通気性、吸湿性の優れた
蒸れないメンズパンツ
男性用機能性下着

性器クラミジア感染症の症状

 

男性が性器クラミジア感染症にかかると、尿道炎を起こす事が多く、尿道の不快感や灼熱感、尿道口の痛みや痒みなどの自覚症状が現れるようになります。


女性が性器クラミジア感染症にかかると、子宮頸管炎を起こす事が多く、おりものの増加や発熱、下腹部痛や腰痛などの自覚症状が現れるようになります。


しかし、男女ともに自覚症状が現われない事も多く、治療しないまま放っておくと、男性は前立腺炎や精巣上体炎などを起こす事もあり、女性は卵管炎や肝周囲炎などを起こす事もあり、不妊の原因になる事があります。


また、オーラルセックス(口腔性交)によって口と食道の間にある咽頭(のど)に感染する事もあり、咽頭の腫れや痛みなどの自覚症状が現れ、咽頭炎や扁桃腺炎などを起こす場合もあります。

性器クラミジア感染症は、国内で最も感染患者の数が多い性感染症(STD)です。
感染しても無症状のまま保菌している場合もあり、医療機関で検査を受けていない人も多い事から、感染者の実態把握は難しいと言われています。
原因菌であるクラミジア・トラコマティスは、ウイルスと細菌の中間に位置する微生物と言われており、細胞内に寄生する性質があると言われています。