×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

性器クラミジア感染症は、自宅検査キットで正確に調べる事も可能です。
不妊や合併症、HIV感染などを防ぐために、定期的に検査をおこなうようにしましょう。

性器クラミジア感染症は、国内において感染例が最も多い性感染症だと言われています。
また、感染しても無症状の場合が多いため、医療機関での検査を受けていない人も多く、保菌者がさらなる感染を広げているケースも多いと言われています。


通気性、吸湿性の優れた
蒸れないメンズパンツ
男性用機能性下着

性器クラミジア感染症の予防

 

性器クラミジア感染症は性的な接触によって起こりますので、既に感染している可能性がある相手とは、性的な接触を避ける事が一番の予防策となります。

 

また、性器クラミジア感染症は、自覚症状が現れない無症状の場合もありますので、不特定多数の相手との性的な接触を避ける事で、感染の可能性を抑える事ができます。


性行為(セックス)の際にコンドームを着用しても、感染を100%防げるとは限りません。

 

男女のうち、どちらかの片方に自覚症状が現われ、治療をおこなったとしても、相手のパートナーが保菌状態である場合には、再発する可能性が高くなります。

 

特定の決まったパートナーとの性的行為だけでも、相手のパートナーが無症状のまま保菌している場合もありますので、たとえ自覚症状が無くても、定期的に医療機関で詳しい検査を受ける事が好ましいと言われています。

性器クラミジア感染症は、国内で最も感染患者の数が多い性感染症(STD)です。
感染しても無症状のまま保菌している場合もあり、医療機関で検査を受けていない人も多い事から、感染者の実態把握は難しいと言われています。
原因菌であるクラミジア・トラコマティスは、ウイルスと細菌の中間に位置する微生物と言われており、細胞内に寄生する性質があると言われています。